身元保証を代行してくれる会社

subpage01

賃貸物件を契約するときや企業に入社する場合に提出する書類。そこには必ずと言っていいほど保証人の記入欄があります。
大抵の場合は、自分の両親や兄弟などの親族の名前を記入します。

しかし、身内がいなくなっている高齢者や諸般の事情で保証人を出せない若者にとりましては、大変困った問題です。

この困った問題を解決するのが、身元保証代行会社です。

この会社は、保証人を立てられない人の代わりに、代理として保証人を引き受ける民間企業です。


月額料金は発生しますが、保証人を立てられない人にとりましては大変便利です。

身元保証の会社の関連情報がご覧になれます。

保証人を立てられることで、賃貸物件との契約も出来ますし高齢者の場合は有料老人ホームの入居契約もスムーズに行きます。



そして、労働契約に関しても、保証会社が代理人として努めますので労働契約もスムーズに行きます。

このように、身元保証会社は高齢者から保証人を立てられない若者まで幅広く利用されています。

そして、最近では外国人労働者も利用しています。外国人労働者の場合は、特に身元保証人に関しては大変苦労する点ではありますが、保証会社が代理として保証人となりますので日本での生活も安心できます。



このように、住環境と労働環境での面倒も見てくれますし、何より高齢者の場合は重度の病気を患い緊急の連絡先としても指定できますので、高齢者によくある孤独死というリスクも回避する事が出来ます。

保証人を両親として指定している人の場合は、特に将来お世話になる確率が高いです。